2010年04月08日

首相、政治主導法案成立に意欲(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日、都内のホテルで連合の古賀伸明会長と会談した。古賀氏は「内閣をもう一度、陣立てし直すような法案を早く通すべきだ」と述べ、政治主導確立法案や国会改革関連法案の早期成立を要望。首相は「早く通したい」と意欲を示した。また、首相が夏の参院選に向けて協力を要請したのに対し、古賀氏は「われわれは役割を果たす」と応じた。

【関連記事】
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞
公務員法改正案、衆院で審議入り
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導
前原国交相、キャリアの卵に入省アピール
年金、経済戦略… 乱立する鳩山政権の経済会議
「中国内陸部の資源事情とは…?」

衆院議員擁立「大いに疑問」=参院京都の候補者選定で−前原国交相(時事通信)
<旅>沖縄 芭蕉布の里 良い織物は畑づくりから 人間国宝・平良敏子さん(毎日新聞)
一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会(医療介護CBニュース)
AKB48 今度は偽造握手券 警視庁、詐欺容疑など視野に捜査(産経新聞)
posted by ウラ タダヒロ at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴−奈良地検(時事通信)

 奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、亡くなった吉田智樹君の腕にアイロンのようなやけどの跡が残されていたことが24日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 奈良地検は同日、保護責任者遺棄致死罪で、両親の吉田博(35)、真朱(26)両容疑者を起訴した。裁判員裁判の対象となる。
 捜査関係者らによると、智樹君には約30カ所のあざや傷跡があり、額には切り傷、腕には三角形のやけどのような跡があった。真朱容疑者は「机で打ち付けたり、アイロンで跡を付けたりした」などと供述。児童相談所に自ら電話をし、事件が発覚した経緯については、「息子が水も飲まなくなり、動かなくなった。死期を悟ったため、会社を休んで電話した」と話しているという。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
2件目の強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま

こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け−消費者庁(時事通信)
高橋が金メダル 母校・関大も熱狂、感涙(産経新聞)
<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
辞任せず職責果たす=鳩山首相(時事通信)
めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
posted by ウラ タダヒロ at 05:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。