2010年04月13日

東大と医学部目指す「エリート校」 幸福の科学が全寮制中高を開設(J-CASTニュース)

 2009年夏の衆院総選挙では「幸福実現党」から大量の候補者を擁立したことで話題を呼んだ幸福の科学が、栃木県に全寮制の学校を開校した。カリキュラムには、「エリート色」が強く打ち出されている。

 新興宗教系の学校と言えば、創価学会では「創価中学→創価高校→東大または創価大学」というキャリアが教団内のエリートコースとして定着しており、ひとつの「成功例」だといえる。3年後の進学実績がどうなるか、注目が集まりそうだ。

■高貴なる義務を果たす徳ある英才育てる

 2010年4月に開校したのは「幸福の科学学園」。教団の「総本山・那須精舎」(栃木県那須町)の隣接地に建設され、敷地面積は約10万平方メートル。09年12月に設置が認可され、4月7日に行われた入学式では、全国から中学生77人と高校生119人が入学した。

 学園の教育方針は「『徳力と学力』を兼ね備えた人材の輩出を目指す」というもので、受験指導の面では、

  「東大・医学部を始めとする難関・第一志望校合格のために、万全の学習システムと、きめ細かな個別指導を行います」

と、難関校をターゲットにすることを明確に打ち出している。

 さらに、12分間ある学校の紹介ビデオには

  「いじめのない楽しい学園生活を通じて、ノブレス・オブリージュ(高貴なる義務)を果たすことのできる、徳ある英才を育てます」

というくだりがあり、学園の「エリート校」という位置づけを際だたせている。

 カリキュラム面では、幸福の科学の教義が色濃く反映されている。信者でなくても入学できるものの、ウェブサイトには、

  「宗教科の授業は必修となります。この他、毎日のお祈り等、原則参加の行事があります」

と断り書きがある。宗教の授業では、「教学と修行」「真実の世界観と伝道」「個人の救済とユートピア建設」といった内容を教わるのだという。

■入学した生徒全員が信者

 カリキュラム以外にも、教義が大きく反映されている。募集要項には「宗教法人『幸福の科学』設置の仏法真理塾『サクセスNo.1』の推薦を受けた者は、特に考慮します」との記述がある。具体的には、教義を勉強して推薦を受けた生徒は、面接試験を免除される仕組みだ。また、奨学金が支給される条件には、「成績が著しく伸びた者」以外にも「仏法真理面で精進した者」といったものがある。教団広報局によると、実際に入学した生徒全員が信者だといい、「教団内エリート養成機関」という側面も強いと言えそうだ。なお、この点については、教団側は「今後、進学実績を積めば、信者以外の生徒も増えると思われる」としている。

 いわゆる「新興宗教」に分類される宗教法人を母体とする学校で、「健康な英才主義」を打ち出しているのが、創価学会系の創価高校(東京都小平市)だ。「エリート志向」という点では、幸福の科学学園と共通していると言えそうだ。創価高校では、約350人いる卒業生の大半が創価大学(東京都八王子市)に進学するものの、10年には3人が東大に合格している。また、創価大学からは多くの司法試験合格者を出していることでも知られる。「創価高校→創価大学」というキャリアは、教団内ではほぼ「エリートコース」として定着しているとも言って良く、幸福の科学にとってはモデルケースになりそうだ。

 もっとも、幸福の科学広報局では

  「学園を設立するにあたって、創価高校・中学校を意識したり、参考にしたりしていることは全くありません。同じ宗教系学校として、あえてあげるとすれば、ラ・サール学園等を参考にしています」

と、創価学会をモデルにしたことを否定。幸福の科学は2013年には関西に中学校・高校、2016年、千葉に大学を開校する予定で、

  「将来的には、幸福の科学学園から幸福の科学大学に進学する子供たちも増えてくると思います」

ともコメントしており、やはり創価学会の相似形だとの指摘も出そうだ。

 10年1月に、全国7か所の教団施設で行われた入試では、中学校60人、高校100人の募集に対して、それぞれ170人、168人が受験。合格者数は中学校が77人、高校が120人だった。2年目以降の入試倍率と、13年3月に明らかになる第1期生の進学実績に注目が集まりそうだ。


■関連記事
朝日新聞に「阿含宗のイベント」 大手マスコミ「宗教広告」増加? : 2010/01/29
「創価学会の会員ではありません」愛川欽也がサイトで「宣言」 : 2009/03/02
「休眠宗教法人」で所得隠し? ラブホテル経営で国税指摘 : 2009/06/09
中年処女と恋愛マニュアル 花嫁からのアドバイス : 2010/04/02
在住邦人が罹る心の病、「パリ症候群」って何だ? : 2010/04/08

<鈴木副文科相>教員人事権移譲に「理念は共有」と評価(毎日新聞)
<諫早湾干拓事業>検討委「4月末ごろ方向性」 現地視察へ(毎日新聞)
<スペースシャトル>地球帰還を1日延期 アンテナ不具合で(毎日新聞)
小沢氏、地元岩手・奥州市で両親の「しのぶ会」(産経新聞)
自民が臨時役員会(時事通信)
posted by ウラ タダヒロ at 22:16| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。